ホーム > 注目 > 米国への感謝が希薄ということが原因?

米国への感謝が希薄ということが原因?

自民党の議員の発言で

米国への感謝が希薄であるから

こそトランプ氏のああいった発言を

招いたというような話が

出ています。

 

これもまた議論になりそうな話であって

どこまでアメリカに感謝しなければ

いけないのか、その始まりが特殊で

あったために難しい状態になって

いますよね。

 

ネット上コメントをみると

 

自分の国を防衛するのは自国やるものだということの

自覚がないんだろうな

アメリカなんか自分で自分の国防衛してますけど

アメリカを出してきてる段階でやる気なし

 

この論理の組み立ては間違ってると思うなあ・・・

 

バカじゃないか、コイツは。アメリカ軍が日本を守るためにいると本気で言っているのか?

日本人を骨抜きにし、日本を好き放題牛耳り、金ズルにされているのに。アメリカにくっついていれば出世するという典型的な自民の太鼓持ちだ。

 

少なからずあるね。日本は戦争しませーんと言えば平和になるのは大間違い。日本の平和はアメリカに守られているからであることは明らか。

 

あんたの言動も、防衛・安全保障に対する国民の理解を失わせている。

 

 

このようにやはり一理あるけど

難しい議論になるというところですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さくら検査研究所の口コミ


関連記事

  1. 米国への感謝が希薄ということが原因?

    自民党の議員の発言で 米国への感謝が希薄であるから こそトランプ氏のああいった発...

  2. フラッシュモブをやる方法を考える

    全日本フラッシュモブ協会のフラッシュモブ募集を見て、 一度、相談してみようかなと...