ホーム > 現金化 > 換金率やリスクなどを考慮して行うクレジットカード現金化について

換金率やリスクなどを考慮して行うクレジットカード現金化について

ショッピング枠で購入した商品を、買取店やネット通販などで売却して現金を得ることをクレジットカード現金化といいます。
主に自分で商品を売買して現金を得る方法と、業者の指定した商品を購入してその業者に売却する方法があります。
クレジットカード現金化を行う人の中には他に現金を入手する方法がなく、高い換金率ですぐに現金が必要であるという人が少なくありません。
したがって、自分で現金を得るよりも業者に依頼した方が希望に近い形で現金を受け取ることができます。
自分で商品を売買する場合は商品や買取店などによって得られる金額がかなり異なります。
自分で売買して高い換金率にするためには、常に変動する買取価格に対してのマメな情報収集が大切です。
また、高く買い取れるような商品をショッピング枠でたくさん購入するとカード会社から転売目的だと疑われています。
ショッピング枠で購入した商品は代金が完済するまで所有権がカード会社にあり、完済するまでは勝手に転売することが認められていません。
カード会社では、転売目的のショッピング枠の利用を見抜く技術が向上しています。
転売が発覚するとカード利用停止になるとか、場合によっては強制退会になる可能性があります。
一方、業者に依頼する場合はカード利用停止になるリスクが低いです。
また、業者を依頼すると手数料が別途かかりますが、優良店を選べば換金率80%程度の一定の現金を得ることができます。
ただし稀に悪徳業者が存在し、指定された商品をショッピング枠で購入して売却しても現金が得られないことがあるので、優良店を選ぶために念入りな情報収集が大切です。

ネオギフトの口コミはこちら


タグ :